spacer.gif
spacer.gif

ヨガとは?

   ヨガは、5000年前の古代インドで始まりました。当時、インドでヨガというと「瞑想」のことでした。
日本でも、奈良時代からヨガ行(冥想)は“悟り”の方法として、現代まで伝えられています。

ヨガと一言でいっても、長い歴史の中で複雑に発展し、現在ではいくつかの代表的な流派に別れています。
しかし、その根底に流れ共通するのは、自己の内部へ向かう精神集中、瞑想的側面です。

ヨガは、精神と肉体の調和を保つための修行をおこなう、心身ともに健康へと導くための素晴らしい健康法です。

ヨガの効果について

   1990年代半ばから、ニューヨークを発信源としてブームとなっているヨガですが、今や日本でも、美容や健康を目的として、ヨガをライフスタイルに取り入れる人々が増えています。

【 ヨガの効果 】

1. メンタルの調整。
   最近ではエクササイズ効果が注目されていますが、本来のヨガはメンタルを深い静寂へ持っていき、集中した状態に持っていくものです。
ヨガは、力を入れたり抜いたり、普段は使わない箇所を使ってポーズを維持したり、同じペースで呼吸しなければならなかったりと、カラダの辛さと向き合い、平静を維持しなくてはなりません。
ヨガを通じて、心身とも鍛えられるのが、ヨガの魅力とも言えるでしょう。

2. ボディメイク効果。
   ヨガは、普段は使わない箇所を刺激するので、新陳代謝がよくなり脂肪の燃焼しやすい体をつくることができます。
特に、ヨガの呼吸では、通常のエクササイズでは使わない横隔膜を使うので、内臓も刺激され、体の内側までも鍛えることができます。
ヨガによる直接のカロリー消費と、内側も改善することによる相乗効果で、より優れたボディメイクができるのです。

もちろん、ヨガを行うことで、免疫力を高めたり、血液の循環をよくしたり、カラダのゆがみを矯正したり、腰痛や冷え性、生理痛なども改善されたりと、健康増進効果があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。